2016/3/8のカグア!Googleアナリティクス解説Blogさんの以下の記事にて、集客メニューのチャネルに「Affiliates」が追加されたとの情報が公開されておりました。

確認してみたところ、メディア(utm_medium)に「affiliate」を指定すると、チャネルにて「Affiliates」で分類されるようになっているのが確認できました。


以前は utm_mediumに「affiliate」を設定した場合、Default Channel Grouping が「(Other)」、MCF チャネル グループが「他の広告」で計測されるようになっていました。

 

3/8現在、デフォルト チャネル グループ(Default Channel Grouping)の定義に変更を加えていなかったアカウントについては、「Affiliates」が加わったものにチャネルグループの定義が差し替わっています。

ブランドキーワードを管理 などを利用するためチャネル設定で、デフォルト チャネル グループの定義に変更を加えている場合、「Affiliates」の定義は自動では反映されていない(上書きされていない)ようです。

デフォルト チャネル グループの定義を変更して計測している場合には、手動での定義の追加が必要となります。

 

ちなみに、過去にテストでutm_mediumに「affiliate」を指定して計測していたデータを確認したところ、過去の計測データも「Affiliates」で分類されておりました。

Google アナリティクのチャネル グループは、定義を変更しても通常では過去のデータには反映されないのですが、今回は強制的に定義が上書きされることもあってか、過去のデータにまで分類が反映されている模様です。

 

残念ながら、マルチチャネルのチャネル(MCF チャネル グループ)は、現時点で変更がないようです。

そのため、3/8現在メディアに規定の値を設定すると、Google アナリティクスでは以下のようにグループ分けされます。

Default Channel Grouping MCF チャネル グループ メディア(utm_medium)
Email メール email
Paid Search 有料検索 cpc / ppc
Display ディスプレイ display / cpm
Affiliates 他の広告 affiliate
Other Advertising 他の広告 cpv / cpa / cpp / content-text
Social ソーシャル ネットワーク social / social-network / social-media / sm / social network / social media
Referral 参照元サイト referral
Organic Search オーガニック検索 organic
(Other) (not set) 規定の値以外を設定

※マルチチャネルでも、デフォルト チャネル グループでレポートを表示することは可能です。

 

テクロコでは、パラメータ付きのURLを簡単に作成できる『パラメータ付きURL生成』というツールを、brick内で無料で提供しております。

こちらのツールのURL作成フォームでは、グループから「アフィリエイト」を指定すると、自動でメディアに「affiliate」が入力されるようになっています。あとは必要項目を入力するだけで手軽にUTMパラメータ付きのURLを生成できます。

ちなみに、キャンペーンなどに日本語を指定しても、UTF-8に自動でエンコードして文字化けを防止してくれます。

CSVアップロードによる一括生成にも対応、履歴の保存・検索・出力などもでき、ずっと無料でお使いいただけるので、お気軽にご利用ください。