『ATOM』新機能のお知らせ:レポート機能の「コンバージョン名」のデータ出力方法を改善し、フィルタ(指標)に「コンバージョン名」を追加しました。

『ATOM』の機能アップデートに関してお知らせいたします。

レポート機能の改善と機能追加を行いました。詳細は下記をご確認ください。

「コンバージョン名」のデータ出力方法改善

今までは、コンバージョンが発生していない「コンバージョン名」をレポートに出力することができませんでしたが、今回の機能改善により、コンバージョンの有無に関わらず「コンバージョン名」をレポートに出力することが可能になりました。

対応媒体

  • Yahoo!スポンサードサーチ「コンバージョン名」
  • Yahoo!ディスプレイネットワーク「コンバージョン名」
  • Google AdWords「コンバージョン名」
  • Facebook広告「カスタムコンバージョン」

レポートを確認するarrow_forward

フィルタ(指標)に「コンバージョン名」を追加

ブロック作成画面の「フィルタ(指標)」に「コンバージョン名(媒体トータルCV数)」、「コンバージョン名(媒体ユニークCV数)」、「コンバージョン名(売上金額)」を追加しました。これにより、指定した「コンバージョン名」でデータを抽出しレポートを出力することが可能になりました。

レポートを確認するarrow_forward

この記事を書いた人

ATOMサポート

ネット広告運用管理プラットフォーム『ATOM』
https://www.atom.tools

arrow_upward