『ATOM』の機能アップデートに関してお知らせいたします。

ユーザアカウントに「閲覧のみ」のユーザタイプを追加

ユーザアカウントに「閲覧のみ」のユーザタイプを追加しました。これにより、ユーザの権限によって、使用できる機能や確認できるデータに制限をかけられるようになりました。ATOMを閲覧のみさせたい場合にご活用ください。

ユーザタイプの種類と概要

ユーザタイプ 概要
一般 一般ユーザは、所属しているグループに紐づいたクライアントのデータ確認と、「管理メニュー」以外の機能を使用することが可能です。
管理者権限の無いユーザは自動的に「一般」に振り分けられます。
閲覧のみ 閲覧のみユーザは、所属しているグループに紐付いたクライアントの進捗管理とレポートの内、許可されたもののみ閲覧することができます。
管理者 管理者ユーザは、グループ問わずすべてのアカウントのデータを確認することが可能です。

ユーザタイプ別の動作について

一般ユーザの場合

メニューの「管理」を使用することはできません。各機能の「編集+閲覧(グループ)」、「閲覧(グループ)」に従って、編集と閲覧が可能です。
※「編集+閲覧(グループ)」「閲覧(グループ)」に何も設定されていない場合は、一覧画面に表示のみされますのでお気を付けください。
また、電話・メールでのサポートの対象者となります。

管理者ユーザの場合

すべての機能を使用することができます。『ATOM』に登録されているすべてのクライアント・アカウントの編集と閲覧が可能です。
また、電話・メールでのサポートの対象者となります。

閲覧のみユーザの場合

所属しているグループに紐付いたクライアントの進捗管理とレポートの内、許可されたもののみ閲覧することができます。
また、電話・メールでのサポートの対象外となります。

設定方法

※管理者権限のあるユーザのみ設定が可能です。

既存ユーザのユーザタイプを変更する場合

  1. メニューの「管理」から「ユーザ」を選択してください。

  2. ユーザタイプを変更したいユーザの「詳細」ボタンをクリックしてください。

  3. 「編集」ボタンをクリックしてください。
  4. 「ユーザタイプ」を変更し、「確認」ボタンをクリックしてください。

  5. 内容を確認後、「完了」ボタンをクリックしてください。

新規ユーザを登録する場合

  1. メニューの「管理」から「ユーザ」を選択してください。

  2. 「ユーザアカウント追加」ボタンをクリックしてください。

  3. 必要情報を入力し、目的に合わせてユーザタイプを変更してください。

  4. 「確認」ボタンをクリックしてください。
  5. 内容を確認後、「完了」ボタンをクリックしてください。

ユーザを確認するarrow_forward

「ATOM設定」に進捗管理のデフォルト項目の設定機能を追加

「ATOM設定」で進捗管理のデフォルト項目を設定することができるようになりました。今までは、ユーザ単位でのみ設定することができましたが、「ATOM設定」で進捗管理のデフォルト項目の変更を行うと、登録されているすべてのユーザに反映することができます。

進捗管理のデフォルト項目の設定機能とは

進捗管理を登録する際の、項目名や項目の並び順を変更する機能です。進捗管理を登録する際に、指標を選びなおす手間を省くことができるので、スムーズに進捗管理を登録することが可能です。

設定方法

※管理者権限のあるユーザのみ設定が可能です。

  1. メニューの「管理」から「ATOM設定」を選択してください。
  2. 「デフォルト選択項目」「デフォルト選択項目キャンペーン」を変更してください。

  3. 「設定」ボタンをクリックしてください。
  4. 内容を確認後、「完了」ボタンをクリックしてください。

注意点

ユーザ設定で行った設定が最優先されます。

ATOM設定を確認するarrow_forward